縁 動ーen-do

『思い・考え・行動する』 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

被災地視察研修

5月15日
3日目は
東日本大震災 被災地視察研修
で 岩手県 陸前高田市に行ってきました。
都合のつく 各県会長さん達と
バスで移動
盛岡市から陸前高田まで約2時間30分と
市内からだいぶ離れている場所でした
DSC_1242.jpg

バスの中で ガイドの今井様に 3.11の時の 実体験を話していただきました。
DSC_1243.jpg
”死”を感じ 無我夢中で 迫りくる津波を逃げたそうです
1分の差が 生死を分け 助かった事
あきらめた多時に 思い浮かんだのが”愛する家族”
この時 ”絶対にあきらめない”と 草木をつかみ高台に逃げたそうです。

雪の降る寒い中 休む間もなく 家族の捜索
学校や避難所を 海中電位片手に 探して歩いたそうです

家族に会えた時 子供を抱きしめ 車の中で震えながら
過ごしたそうです。
家族の大切さを 改めて感じさせられました。

その後の数か月の辛い被災生活
仕事が無く お金もない ただ時間だけが 有り余って どん底にいた感じがしたと言っていました。

地域に入ってくる ボランティアを受け入れるだけの余裕もなかったが 各地からくる ボランティアの 気持ちで 立ち上がることが 出来たと言っていました

そして 山を越えると 風景は一変
何もない
DSC_1246.jpg
DSC_1248.jpg
ぽつんと残る 壊れた建物や線路
DSC_1249.jpg
いまだ このような状況です。
DSC_1251.jpg

陸前高田市の仮庁舎により
さらに海沿いに
ここにあった 商店街が何一つ残っていない
あるのは 大きな建物の残骸のみ
DSC_1253.jpg

DSC_1254.jpg
なんとここが 市民体育館で避難場所であったとこ
DSC_1255.jpg

地元青年部の方たちに 説明をしていただきました
ここで 消防団で避難誘導していた仲間や ここに避難していた多くの方たちの命が・・

皆さん ここには 今でも来たくないとおっしゃってたのが印象的でした
DSC_1256.jpg
水圧で体育館の壁が抜け 中にはいまだ 車の残骸
生活用品が そのままです
DSC_1259.jpg
外に出ても 大きながれきは無い物の 細かな破片や靴 いろいろなものが そのままです。
DSC_1260.jpg
この惨劇 言葉が出ません この状況に合う言葉もありません

そのあと あの 奇跡の一本松のところに
7万本の中の1本だけが いまだ生きていました。
DSC_1268.jpg
地盤が下がり 海水が・・・
DSC_1267.jpg
防波堤代わりののか 海沿いには がれきの山が沢山あります
DSC_1266.jpg
分別は進んでいるものの 行き先が無い・・・
DSC_1269.jpg

何もなくなり 先が見えなく お金もない
今一番必要なものは お金だそうです。
お金がなく 商売を再開できない
切実なる 思いを聞かせていただきました。

あんなに多く 集まった義援金は どこへ消えてしまったのだろう
ごく一部の 人が使い 本当に必要な人たちにはいきわたっていないのが現状に思す。

地域の復興を進めるためには 地域の商売人の復興無くして 地域経済は再生しないと思いました。
何が 出来るか 何をするべきか 何を伝えるべきか 
ここにきて 自分の目で見て 感じることが 各個人の復興の手助けになるのではないでしょうか

盛岡 仙台と 都市部は多くの人でにぎわっていました
しかし 被災された地域には あまり人が来て居なく いまだスタートラインにも立てない人が多くいるのが現状です

帰り道の 気仙沼には 道路の横に デッカイ船が そのままです
町も 手が付いた所からかたずけられているようですが まだまだです。
DSC_1271.jpg
DSC_1272.jpg

最後に ガイドの今井さんから「今騒いでいる瓦礫は ゴミではない事。捨てたくて捨てたごみとは違い 捨てなければならなくなったもので ここにいた 人々の大切なものなんだ」という事を聞き 胸が苦しくなりました。

無言のバスが 仙台に向かう途中の 山中には 沢山の農作放棄地が・・・
これが 今の現状・・・

もう一度考えよう
そして 子供たちに この状況を見せてあげたいと思いました。

長野県青連 田中会長が行っている支援の一環です
僕は 応援します
彼は 支援の為に行っています。 もちろん無料奉仕で
農機具ネット×長野県商工会青年部連合会×有限会社 カトー  被災地支援ショッピング


本日 注文しました
7000円で送料無料!!
ついつい 7000円分 注文しちゃいました。
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

遠藤 淳

Author:遠藤 淳
川場村で 商売をする 3代目

群馬県商工会青年部連合会 顧問
利根沼田ブロック 
川場村商工会青年部 賛助会員

Facebookページ
縁の輪

最新記事
最新コメント
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
川場村の特産品
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。